ダイアン35(Diane35)の飲み方

  

 

闇雲に飲めばいいと言うものではありません。
まず、生理中に、この時間であれば毎日同じ時間に飲み続けられるというタイミングを選び、最初の一錠を飲みます。
夜に歯磨きをした後、朝化粧の前になど、忘れないように1日の中に組み込むことが大切です。
1錠飲んだ段階で、排卵が抑えられるので、この日から避妊効果は得られます。

 

後は、自分で決めたその時間に毎日1錠ずつを定期的に飲んでください。

 

 

ダイアン35の効果をきちんと出すためには、21日間飲み続けた後、7日間の休薬期間をきちんととることが大切です。
当然ですが、この7日間は避妊効果がありません。
この7日間に生理が来ても来なくても関係なく、8日目からはまた同じ時間に飲み始めてください。
その点にも、注意が必要ですね。

 

 

ダイアン35(Diane35)の成分

 

商品に含まれている酢酸シプロテロンと言う成分は、非常に高い避妊効果があります。
この成分は合成ホルモンで、女性の体内での排卵を促すホルモンを強力に抑制し、赤ちゃんのもとになる細胞「卵子」が子宮の中に出てこないようにストップしてくれます。

 

また、この酢酸シプロテロンは、子宮の内側の膜に働きかけ、受精卵が赤ちゃんになるために膜にくっつく「着床」という現象を防ぐ環境に変化させてくれます。

 

たとえ、休薬期間などで排卵が起こっていて、万が一受精してしまったとしても、
そのあとしっかりとダイアン35を飲んでいれば「着床」が起こりにくいので妊娠の可能性は低くなります。
ただし、もちろん休薬期間中はコンドームなどでしっかりと避妊することが大切です。

 

 

ダイアン35(Diane35)の製造元

 

製造元はバイエルシェリング社という、医学での高い信頼があるドイツの会社です。
その歴史はとても古く、薬学の歴史にその名を残す「アスピリン」を最初に商品化したのはこの会社です。

 

現在も業績は非常に好調で、2013年には非処方薬販売会社の中で世界2位を獲得しています。
薬学は言うに及ばず、遺伝子の組み換え技術等、他社には無い様々な研究によって抜きん出ており、現在、世界的に重要な企業の数十社には必ず数えられる企業である事に間違いはありません。

 

 


HOME 購入 どんな薬? 口コミ 飲み方 副作用